スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三角形の底辺も頑張っています

母の日の13日、春季大会女子の部が開催されました。
この大会は、男子の部と同じく7月の朝霞地区大会の代表チームを決める予選会もかねているので、上位チームは燃えます。
*ブロック優勝の2チーム・準優勝から1チームが出場資格を得ます。


代表権を争うチャンスを得たのは、Aブロック友愛とMIRACLE。Bブロック朝霞クラブと朝霞フレンズ。ブロック決勝から白熱、接戦で、体育館は熱い熱い☆


結局、第一代表はパワーと若さが少し他チームより上回るAブロック優勝の友愛。
第二代表は、Bブロック優勝の朝霞フレンズ。注目の3位決定戦は、朝霞クラブがMIRACLEを退けて代表権をGET。
4位となるMIRACLEは昨年もここまで来ましたが、代表権にはまだ少し手が届かないようです…何が足りないのかな?チームで考えてみましょう。


このように市の頂点を争う熱い戦いが注目を浴びる影で、底辺を支えるチームたちも地味ではありますが頑張っています。今回はこちらにもスポットライトを…


サブコート第1試合は、BLACKS vs アサカスリー
少し前までず~っと市内最下位のEブロックにいた仲良し?チーム同士。
17年度のチャレンジカップで、創部以来初めて勝利・優勝してDブロックに昇格したBLACKSではありますが、その後の市内大会では勝てずに伸び悩んでいます。
一方のアサカスリーは、地域性もあり人手不足にいつも困っているチーム。
ずっとキャプテンとして引っ張ってきたエースが膝の手術で出場できない今回、参加すら危ぶまれましたが新メンバー加入もあり、何とか参加できました。


お互いに、大会前の抽選会では「ラッキーなクジをひけた♪」と思ったことでしょう。
トーナメント戦で1勝するには、とても確率の低い両チームですから…。
Dに上がったBLACKSは、「勝ちたい。勝たなきゃ。」その思いが強すぎるのか、緊張からか、動きが悪くのびのびプレーができません。サーブのダブりも多く、調子に乗れません。
アサカスリーの方が、邪念?がないのか負けていても余裕があるような雰囲気。


実力…というには波がありすぎて、どれが本当の実力なのか判断しにくい両チームですが、調子の波で勝敗は決まります。
フルセット(26-24、10-21、21-14)で、うれしいトーナメント戦初勝利はアサカスリーでした。おめでとう☆


確かに上位チームに比べれば、底辺にいる数チームはバレー経験者が少なく上手な人も少ない。
でも、バレーボールが好きで楽しくて練習も一生懸命やっている。
そして、大会に参加する限りにおいては、できれば「勝つ」喜びを味わってみたい。
日頃練習してる事が試合でうまくできて、それが点数になって、それが積み重なって勝利になる。
だからやっぱりどのチームも、「勝ちたい」んですよね。


底辺がレベルアップしてこそ、頂点も高くなっていくはず。
これからも一生懸命頑張っているチームを、連盟は応援していきます! 


http://photos.yahoo.co.jp/ph/asakavolleyball30/lst?.dir=/8703 フォトです。


監督2年目のM.I. がお届けしました m(__)m asakavolleyball30_100x180gsrhost=avtim.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久々のカキコです

いつもいつも見てますが、いつもコメントがついてないのでつけます。(笑)

ちょっと真面目に・・・
毎年この大会は四市の予選を兼ねてます。
連盟としても市内最強の3チームを出したいと思うのは当然のことかと思います。

しかしながら、ここ数年あくまでも個人的な意見ですが、そうなってないような気がします。

今年でいえば、事実上の決勝戦がそれぞれのブロック決勝戦以外の試合であったことは、会場にいたほとんどの方が理解していると思います。

四市大会では近年新座市の独壇場で朝霞市も何とか挽回したいではありませんか!

そこで提案ですが、シードの方法を変えたらどうでしょう?
おそらく前年のブロック優勝、準優勝チームをシードしてると思いますが、直前のフレンドシップの成績にて上位4チームをシードすればいいと思います。

まぁあくまでも個人的な意見ですがね・・・
ご一考いただければ幸いです。

シード方法について

「TOSHIくん」さん、コメントありがとうございます。
レポートを読んでくれてる人がいて嬉しいです。
ご提案頂いたシード方法の件、常任理事会で話し合いたいと思います。

お疲れ様でした。

>フレンドシップ
は、市外のチームも混じるので、その前の「チャレンジカップ」のAランクチームをシードにする、ということですよね?
それなら、僕も賛成です。
「いま強いチーム、勢いのいいチーム」がシードになる、ということを意味するわけですから、それなら納得がいくのではないか、と思いますね~。

そうそう。
あの日は、もっと色々感想を述べたかったんですが、
ちょっとココには書けない(><)ほど長くなってしまうので、
また日を改めて、とゆ~ことで;;;
そういえば、7月にも大会やるんですよね?

あ・・・

失礼しました。
フレンドシップじゃなくてチャレンジカップです。
(^_^;)
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
来訪者カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特派員のカウンター☆
見に来てくれてありがとう!
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。