スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ママさんバレー全国大会の埼玉県代表決定決勝大会」

~~~この夏の流行はパープル?~~~

5月28・29日桶川サンアリーナにて、今年のママさんバレー全国大会の埼玉県代表決定決勝大会が行われました。
埼玉県を東部・西部・南部・北部に分けて地区予選を行い、32チームが決勝大会に出場し、県代表の座を目指して戦います。
この全国大会は、個人としては生涯に一度しか出場できず、優勝したチームは完全にメンバーが入れ替わらないと、予選にも出場できないというルールがあります。朝霞市からは、霞クラブと朝霞クラブが西部地区予選を勝ち抜き参加しました。
*朝霞クラブは平成6年に県代表になっているので、今回は新メンバーでの参加です。

<霞クラブの戦い>
本気で全国代表を目指す霞にとって、最も手強いと対策を練っていた「志木あすなろ」と「東松山クラブ」。なんと、初日から順に対戦するトーナメントの組み合わせ、2試合勝ち抜けば2日目はきっといけると、メンバーは奮起して戦いに臨みました。
初戦「志木あすなろ」とは、のびのびと霞バレーを展開して予想以上に楽に勝利。
そして「東松山クラブ」戦、練習試合などで優位にたっていたので、負けは考えられませんでしたが、1セット目11点で押さえてから、勝ちを意識しすぎたのか固くなり本来のバレーができずに2、3セット落とし、まさかの初日敗退。全国への夢消える。

<朝霞クラブの戦い>
今回のメンバーは、朝霞クラブに友愛、朝霞フレンズの選手が補強されています。
初戦深谷市の「常磐クラブ」にフルセットの接戦の末勝利、続く行田市「ウィング」にも粘り勝ち、混成チームとは思えない盛り上がりでベスト8進出、2日目に繋ぎます。
順々決勝の相手は川口市の「川口スプレンダー」。長身のセンターが打つBクイックを武器にしています。朝霞クラブも速攻を中心に攻めるもリズムを作れず、ここまで。

<そして代表は・・・?>
県代表を決める決勝戦は、霞を破って勢いに乗った(と思いたい)「東松山クラブ」と春日部市「パープルスターズ」との戦いとなりました。

「パープルスターズ」は、東部地区予選で強豪「出羽クラブ」を破って上がってきたチームでハヤカワ特派員も当日までノーマークでした・・・・が、何しろ両エースが大きい。
年齢も、東松山とは平均で10歳は若いかと思われるパワーの溢れる活きのいいチーム。出足は「パープルスターズ」の若さが出て、ベテラン「東松山クラブ」が1セット先取。
続く2、3セットは互いのすべてを出し切っての戦いで、最後は「パープルスターズ」が力でねじ伏せた形で優勝。
「パープルスターズ」の両エースは、ライトが174cmで30代前半、レフトのキャプテンは実業団経験者との話。9月に高知県で行われる全国大会でも大暴れしてくれる事を期待します。

以上、ちょっと悔しいハヤカワミドリからの報告でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
来訪者カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特派員のカウンター☆
見に来てくれてありがとう!
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。