スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<全国ママさんバレー大会・西部地区予選>

埼玉県家庭婦人バレーボール連盟主催の県大会西部地区予選が、19日朝霞市立体育館で行われました。


出場22チームのうち、7チームが決勝大会に勝ち進めます。
朝霞市からは、朝霞クラブ・朝霞かすみ・MIRACLE・アサカエイト・そして今年度から初登録のasakaAsterisk(アサカアスタリスク)=aA の5チームが参加しました。


一回戦、朝霞クラブは北坂戸クラブと、朝霞かすみは志木あすなろと対戦。健闘むなしく敗退、決勝進出ならず。
残る3チームがなぜか同じヤマでつぶし合い、という組み合わせ。しかも、MIRACLE 対アサカエイトは、先週の市内大会一回戦と同じカード。(「なんで~?!」と両チームの声が聞こえてくるようですが、あくまでも組み合わせはフリー抽選。偶然なのです。)
MIRACLEが勝ち上がり、aAと対戦。1セット目はジュースで接戦、2セット目はaAのサーブが走り、市内唯一の決勝大会進出は初出場のaAとなりました。
他市からは、美和クラブ(所沢)・北坂戸クラブ・OOI(大井)クラブ・志木あすなろクラブ・飯能ドリーム・新座コスモが出場します。


*ちょっとここでaAの紹介を*
初出場とはいえ、メンバーをよくよく見てみると…
監督とキャプテンは、霞クラブ時代のコンビ。あとは、朝霞フレンズ・OLIVE・朝霞ナインから「県大会出場で修行を!」と、意欲の高いメンバーです。
チーム結成は4月1日エイプリルフール(笑) ウソじゃなくてよかった♪
まだまだ練習が足りず(なにせ各自別のチームに所属してますから)、振り返ると、相手コートに9人入ったゲーム形式はこの日が初めて(!)でした。
6月2日・3日の決勝大会まで後2週間。どこまでチームとして形にできるか…?が課題ですね。


決勝大会初日も、今年は地元朝霞体育館で開催されます。
東西南北地区予選を勝ち抜いて集まる32チームから、今年の全国大会に出場する代表が決まります。
レベルの高い試合を近くで観戦できるとても良いチャンスです。
みなさんぜひ会場へ足を運び、熱戦・激戦をその目で見て、次の自分のプレーのレベルアップに役立てましょう☆


以上、試合してて写真取れなかった(>_<)
ハヤカワミドリがお伝えしました~ m(__)m  kasumi5qov_64x64.gif




 

スポンサーサイト

三角形の底辺も頑張っています

母の日の13日、春季大会女子の部が開催されました。
この大会は、男子の部と同じく7月の朝霞地区大会の代表チームを決める予選会もかねているので、上位チームは燃えます。
*ブロック優勝の2チーム・準優勝から1チームが出場資格を得ます。


代表権を争うチャンスを得たのは、Aブロック友愛とMIRACLE。Bブロック朝霞クラブと朝霞フレンズ。ブロック決勝から白熱、接戦で、体育館は熱い熱い☆


結局、第一代表はパワーと若さが少し他チームより上回るAブロック優勝の友愛。
第二代表は、Bブロック優勝の朝霞フレンズ。注目の3位決定戦は、朝霞クラブがMIRACLEを退けて代表権をGET。
4位となるMIRACLEは昨年もここまで来ましたが、代表権にはまだ少し手が届かないようです…何が足りないのかな?チームで考えてみましょう。


このように市の頂点を争う熱い戦いが注目を浴びる影で、底辺を支えるチームたちも地味ではありますが頑張っています。今回はこちらにもスポットライトを…


サブコート第1試合は、BLACKS vs アサカスリー
少し前までず~っと市内最下位のEブロックにいた仲良し?チーム同士。
17年度のチャレンジカップで、創部以来初めて勝利・優勝してDブロックに昇格したBLACKSではありますが、その後の市内大会では勝てずに伸び悩んでいます。
一方のアサカスリーは、地域性もあり人手不足にいつも困っているチーム。
ずっとキャプテンとして引っ張ってきたエースが膝の手術で出場できない今回、参加すら危ぶまれましたが新メンバー加入もあり、何とか参加できました。


お互いに、大会前の抽選会では「ラッキーなクジをひけた♪」と思ったことでしょう。
トーナメント戦で1勝するには、とても確率の低い両チームですから…。
Dに上がったBLACKSは、「勝ちたい。勝たなきゃ。」その思いが強すぎるのか、緊張からか、動きが悪くのびのびプレーができません。サーブのダブりも多く、調子に乗れません。
アサカスリーの方が、邪念?がないのか負けていても余裕があるような雰囲気。


実力…というには波がありすぎて、どれが本当の実力なのか判断しにくい両チームですが、調子の波で勝敗は決まります。
フルセット(26-24、10-21、21-14)で、うれしいトーナメント戦初勝利はアサカスリーでした。おめでとう☆


確かに上位チームに比べれば、底辺にいる数チームはバレー経験者が少なく上手な人も少ない。
でも、バレーボールが好きで楽しくて練習も一生懸命やっている。
そして、大会に参加する限りにおいては、できれば「勝つ」喜びを味わってみたい。
日頃練習してる事が試合でうまくできて、それが点数になって、それが積み重なって勝利になる。
だからやっぱりどのチームも、「勝ちたい」んですよね。


底辺がレベルアップしてこそ、頂点も高くなっていくはず。
これからも一生懸命頑張っているチームを、連盟は応援していきます! 


http://photos.yahoo.co.jp/ph/asakavolleyball30/lst?.dir=/8703 フォトです。


監督2年目のM.I. がお届けしました m(__)m asakavolleyball30_100x180gsrhost=avtim.jpg

**マミコとミドリの男子大会観戦記**

GW最終日の6日、市の中心部にある総合体育館でこんな会話が交わされていました…


ミドリ 「マミコ、遅い~!もう半分くらい終わっちゃったよ」


マミコ 「ゴメンなさい。こう見えても働く主婦、日曜日は結構いそがしいんです…」


ミド 「去年の秋季大会からもう半年経ったんだね。どんどんレベルアップする男子大会、面白いよ~」


マミ 「そう聞いたから駆けつけて来たんです。写真たくさん撮ってホームページ飾ろう♪」


ミ 「春季は、7月の四市大会の代表を決める予選も兼ねてるから、みんな頑張るよね」


マ 「四市でも、うちの市は男子強いですからね。楽しみ。」


ミ 「ホームページ開設してから、新規登録チームが増えてるの。試合に出たいチームは探し当ててくれるみたい。」


マ 「男子バレー人口、結構多いってことですね。中学生の男子バレー部少ないのがもったいない。」


ミ 「中学生って言えば、女バレの子たちが先生の応援に来てるよ。そ~れっ♪て、かわいい。」


マ 「かわいいって言えば(笑)、選手の中にもかわいい人見つけたって、ミドさん?」


ミ 「いっぱいね(笑) 真面目にバレーやってる男の子は、みんなかわいいの。」


マ 「…なんか、おばさんっぽいですよ。」


ミ 「そんなことないよ! 来週は女子の大会、その後は県大会。現役で頑張りますから☆」


マ 「そ、そうでしたね。試合では敵・味方。お手柔らかにお願いします。」


13日の女子大会も、みなさん応援に来てくださ~い (^o^)丿


*アルバムにフォトをUPしました。↓
http://photos.yahoo.co.jp/ph/asakavolleyball30/lst?.dir=/694c&.src=ph&.order=&.view=
t&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/


mamiko2.jpg  hayakawamidori178_100x180gsrhost=avti005.jpg 
マミコとミドリのレポート?でした。 試合結果はトップページからご覧下さい。

第4回日本混合バレーボール選手権大会

429()三郷市高州地区体育館において開催された「第4回日本混合バレーボール選手権大会付属大会」オーバー30大会に参加しました。


この大会は、年齢が30歳以上という制限付きでした。条件に合うメンバーを揃えて大会に臨みましたので、その結果を報告します。


参加チームは8チーム、まず前半は4チームずつが2コートに分かれ1セットマッチのリーグ戦を行います。その結果で後半はそれぞれのコートで1位と2位がAブロック、3位と4位がBブロックに分かれ再度4チームでの1セットマッチリーグ戦で順位を決定しました。




我がチームは、前半戦、電信柱・CHEERY’SDRYSPという3チームと対戦、調子良く2試合連続で勝利、しかしながら男子に長身選手が揃うDRYSPに敗戦。残念に思いましたが得失点差で1位通過、そして後半戦は、ACNFantasistaDRYSPと対戦。ACNには勝利したものの、Fantasistaには惜しいところで敗戦。そして最後は前半で負けたDRYSPと対戦。長身選手の攻撃を何とか防ぎ雪辱を果たしたいと臨んだところ、ものの見事にブロックが決まったり、ナイスレシーブが出たり、我がチームの攻撃が輪にはまり、相手チームは戦意を失ったように攻撃がちぐはぐになってしまい大勝利を収めることが出来ました。結果、後半戦も得失点差で他チームを上回り優勝してしまいました。


「優勝」の賞状、ボール、選手全員に日本混合バレーボール協会(JMVA)のロゴ入りマグカップを賞品としてゲットしました。


混合バレーは、今回で2度目の参加でしたが、メンバー全員が要所要所でナイスプレーをし、頑張った結果の優勝、朝霞へ戻ってからの打ち上げも美酒でした。


今回は、30オーバーの大会でしたが、35オーバーの大会もあります。また、身長制限を設け、男子は170cm以下、女子は160cm以下で構成したチームの大会もあります。


 


日本混合バレーボール協会のホームページに試合結果が載るかも知れません。興味のある方はホームページを尋ねてみて下さい。


www.mixvolleyball.com



mrmorioka.jpg Mr.Morioka のレポートでした



最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
来訪者カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

特派員のカウンター☆
見に来てくれてありがとう!
現在の閲覧者数:
無料カウンター
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。